大学生がマレーシアでコンドミニアムを借りてみた〜家賃・家探し・費用〜

マレーシアでのアパート探しに関して

大学生_マレーシア_賃貸

マレーシアに引っ越してくる前は、ヨーロッパに実は住んでいました。同じ海外なら違いもないだろうと思い、実際にしていた自分のアパートの探し方で今回は探しました。

家探しの方法
  1. 不動産サイト(SUUMOやアットホームみたいなもの)
  2. Facebookの現地の物件情報グループ
  3. 現地の友人に紹介してもらう

以上の3点のやり方となります。

今回は、マレーシアに知人が居ない訳ではなかったのですが最初の二つのやり方でアパートを探しました。

不動産サイトを使った探し方

とりあえず最初は、Malaysia Apartment Rentの3つのキーワードでググりました。

結果として、いくつかの大きな物件情報サイトがみつかりました。以下のものになります。

物件情報サイト

以上の3つが大手の不動産総合サイトのようです。

現地のマレーシア人の知り合いの方曰くProperty GuruiPropertyの二つがオススメとのことだったので、私はそちらの2つのサイトを利用しました。

実際に使っていると、どちらのサイトも乗っている物件情報がほとんど同じだったので個人的に使いやすいなと感じたProperty Guruを最終的にはメインに使いました。

Property Guru

PropertyGuru_公式サイト

BUYは物件の購入、RENTは賃貸です。今回は賃貸物件を探しているのでRENTを選択します。

その下の検索バーにとりあえず、自分の住みたい都市を入れましょう。例)クアラルンプールやジョホールバルなど

次のページで詳細な条件を指定すると探しやすいです。

エリア_検索_詳細

POINT
エリア選択にてクアラルンプールやジョホールバルなどの都市名のみで検索してしまうと膨大な物件が出てきて探すのが大変になります。より詳細なエリアで検索するのをオススメします。

Google Mapを使って、職場や学校が何というエリアに位置しているのかを調べられます。

例)ツインタワー周辺に住みたいのであれば、住所をGoogle Mapで調べます。Kuala Lumpur City Centerがエリア名なので、上記の写真のKLCCの横のボックスにチェックを入れます。

参考までに、エリア部分に青線を引いておきました。基本的に郵便番号の前に来る部分がエリアだと思っていただければ問題ないです。

住所_エリア

Residential:家のタイプを選択できます(ヴィラ、コンドミニアム、サービス付きアパート…etc)

Any Price:家賃の予算を選択できます

More filters:ベッドルームの数、バスルームの数、家のサイズ、家具付きか否か、階数…etcが選択できます

最後に、Searchを押せば条件に合う物件の一覧が表示します。

それでは、次の項目で実際に物件のページを見ていきましょう。

物件のページを見てみよう!

物件_紹介ページ_説明

とりあえず、キーになりそうなところに青線を引いてみました。

まず、RM7000と書かれているところが家賃となっております。

この記事を書いている7/23現在のレートが1RM=26円なので、RM7000で約182,000円ですね。

ちなみに、レート換算をする際にはこちらのアプリがオススメです。

Currency

Currency

Jeffrey Grossman無料posted withアプリーチ

 

その下に書かれているのが、ベッドルームの数バスルームの数家の広さ(フィート表記)、1平方フィートあたりの値段です。

それから、Video Callと書かれている項目があります。此方は、不動産のエージェントの方とビデオ通話によって内見をするということです。物件によってあったり無かったりします。

右側に写っている、女性の方がこの物件の担当のエージェントということになります。

コンタクトの取り方
  1. 載っている電話番号に直接電話(あまりオススメしないです、理由は後ほど)
  2. Whatsappを通じて連絡(一番オススメ)
  3. 名前、電話番号、メールアドレスを入力してのI’m interestedをクリック(1番よりはマシです)

なぜ、Whatsapp以外あまりオススメしないのか?

簡潔に言うと、Whatsappが便利すぎるからです。

Whatsappのメリット
  1. LINE感覚でエージェントとやりとりができる
  2. メールに比べてレスポンスが良い
  3. まだ、サイトに載っていない家を紹介してもらえる(私の経験談)
  4. Whatsappで電話すれば国際電話の料金がかからない
  5. 書類のデータを送りやすい(結構重要です)

WhatsApp Messenger

WhatsApp Messenger

WhatsApp Inc.無料posted withアプリーチ

 

LINE感覚でエージェントとやりとりができる

Whatsappを知らない方のために説明をさせて頂きますと、機能やデザイン的にもほとんどLINEと同じです。

基本的に、日本以外のほとんどの国ではLINEではなくWhatsappが主流です。東欧の方だとViberやMessengerの方が主流だったりもするのですが、基本的にはWhatsappがあれば海外で困ることは無いのでとりあえずアカウントを持っておきましょう。

メールに比べてレスポンスが良い

メールで連絡していると、どうしても見落としてしまうことがありますがLINEなどメッセージアプリだと見落とすリスクも少ないですし返信も早いことが多いです。

まだ、サイトに載っていない家を紹介してもらえる(私の経験談)

個人的に、この項目が一番のメリットかと思います。

エージェントとコンタクトを取った際に条件を聞かれまして、自分の条件としては大学の超近く、2ベッドルーム以上で3000RM以下と言う感じでした。結果としてサイトに掲載されていなかった4件ほどのコンドミニアムを紹介してもらえました。

最終的にサイトに載ってなかった物件の方が自分の好みだったので自分はそちらを選んだので、家の選択肢が増えるという点においてオススメです。

Whatsappで電話すれば国際電話の料金がかからない

LINEと同じくインターネットを介して電話をするので電話代はかかりません。

書類のデータを送りやすい(結構重要です)

LINEの場合、一度に送れるデータの量が少なく大量のデータをまとめて送信するには何度かに分けてする必要があります。Whatsappは一度で大量に送れるので便利です。

当然、賃貸の契約に際してパスポートのスキャンデータ、銀行送金をした際の領収証、契約書などなど色々と書類のやり取りがあります。

Facebookのグループで物件を探すやり方

Facebook_グループ_不動産

Facebookにて探す場合はMalaysia Apartmentと検索すると上の写真にあるように多くの物件情報の掲載されているグループが表示されます。都市ごとに多くのグループがあるので色々みてみると良いと思います。

Facebookにて物件を探す場合いくつかのメリットとデメリットがあるのでまとめてみました。

メリット
  1. 物件情報サイトに載っていない物件が見つかったりする
  2. 大家と直接コンタクトできればエージェント費用を節約できる
  3. 全体的に不動産サイトに掲載されている家よりも安めな気がします
デメリット
  1. 個人取引の場合トラブルになる恐れがある、その点エージェントを使った方が安心
  2. 不動産サイトと違い条件を指定して検索できないので、好みの家を見つけるのが難しい
  3. シェアハウスとそうではない物件が混じっていて分かりずらい(コンタクト撮った際に聞きましょう)

Facebook_物件_プレビュー

物件はこういった形で掲載されています。See Moreから物件の詳細が見れます。

家の広さや設備を始め、周辺の施設(学校やスーパーや公共交通機関など)に関して載っています。

写真の右下にあるMessageから物件の投稿者に直接メッセージ送ってコンタクトをとるといった形になります。

隔離ホテル_感想 コロナ禍マレーシア入国時のホテルでの隔離中の食事・持ってきた方が良いもの

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください